私の生い立ちVol.002(最初の独身時代)

スポンサーリンク

昼間のクラブ活動と夜のクラブママ活動に明け暮れて

私の学生生活は4年で無事終える事ができました(笑)

就職活動についてもラグビーしていた関係で、某大手企業に面接だけで就職する事ができました。

配属されたのが販促部門で、飲食店に販促物を配り

セールスする事も仕事の一部でした。

スポーツ活動のオフシーズンには、夜の繁華街のお店に行く事も多々ありました。

私の担当エリアは「大阪の北新地」と「梅田界隈」・・・・

当時、182cmの長身&細マッチョ、甘いマスク(尾崎豊似と言われてました(笑))

かなり評判が良くてお誘いも多かったですね?

学生時代の「夜のクラブママ活動」のおかげで、経営者(ママ)の扱いも慣れていて仕事が楽しかった記憶があります。

今でこそ、性対象(エッチのお相手)は男性オンリーですけど、当時、オトコには全く興味なかったんだけど、キタの「堂山辺りのゲイバー」も担当で・・・ 「〇イ」というお店のマスター、

バーテンさんには可愛がって頂きました。(謎)

一度、アフターに誘われて、しこたま飲んでフラフラでマスターのマンションにお泊りした時、

爆睡していて夜中に「何か下半身がムズムズする・・・」と感じて下を見ると、おパンツ脱がされて

マスターの頭が上下していました!!

反射的に膝蹴りをくらわして終わりましたが、その時はビックリですね~

私の男性初体験のお相手でした(笑)

そんなこんなで楽しいリーマン生活を過ごしているある日に、元嫁と出会いました。

元嫁は芸大生でありながら、夜のお店でアルバイトしているという変わった女の子でした。

経歴も変わっているのですが・・・

ルックスは「ドイツ人とのクウォータ」で色白の日本人離れした美人さん!!

彼女には京都の老舗若旦那というフィアンセがいたのですが・・・

あの手この手を駆使して強奪しちゃいました。 28歳の時です。

この頃、怪我の影響でラグビー続けられなくなったので現役引退。 そして仕事にも行き詰まりを感じていたので、人脈(コネ)を駆使して大手IT企業に転職しました。

当時のゲイバー、◯イの店内です….

カウンターの長いお店で面白いバーテンさんが多くて

楽しかったなぁ!!

コメント