田舎の熟女装子、新世界の通天小町へ通う 

スポンサーリンク

平日に時々、懇意にしている会社の相談(コンサル)に大阪まで行く事があります。

そんな日は

・朝早め(6時過ぎ)に出発、

・9時からお仕事(コンサル)

・11時にはお仕事済ませる

新世界へ~ 通天小町(ビデボ)にIN

13時までに変態女装モードに変身

男性と交流(エロエロ)

・17時くらいから大慌てでメイクダウン

・20時くらいまでに田舎へ

日帰りパターンは、こんな感じです。

泊まりの時は、これに

・新世界をブラブラ&夕食

映画館(新世界国際)へ〜

ミナミの街を徘徊

朝方、通天小町に帰還

・11時まで寝て田舎へ帰還

こんなパターンが多いですね。

なんか行く所がマンネリ化しちゃってて、違うのは遊び相手(男性)だけかなぁ

できるだけ泊りで、ゆっくり遊びたいのですが翌日の早朝から予定が入っている事が多くて、お泊りで遊べるのは月に1回あるかないかです(涙)

仲良くして頂いてる国際劇場常連のNさんからは毎週のようにLINEが入るのですがお断りの連続、スミマセン。

改めて思うのは「通天小町」っていうビデボは便利ですね~!!

初めて通天小町を利用したのは、7年くらい前、東京で生活している頃に大阪へ遊びに来た時です。

それまでは新世界で遊ぶ時は「動物園前駅周辺の安い宿」に宿泊していたのですが、「お風呂が共同」、「部屋が狭い」といろいろ不便な事が多かったのですが、当時から「お部屋に風呂、トイレ月付きの部屋」が安く使えたのにビックリした事を覚えています。(当時は今のVIPタイプの部屋だけバス・トイレ付でした)

それからは新世界に泊まる時は殆ど「通天小町」を利用しています。

女装子さんの活動拠点、情報交換の場として凄く便利ま場所で、大人気となり「ホテルタイプ」、「アネックスタイプ」と徐々に綺麗な部屋も増えていったのですが・・・それでも部屋不足

金曜の夜、土曜日にチェックインしようとしても、「満室状態」が多いですね。

特に最近2,3年は女装子さんの利用比率が多くなった気がします。

情報交換の場として部屋を借りずに談話室のみ利用できる「談話室コース」というのも新設されて、男性の方はコチラを利用される方も多いようです。

でも女装子さんは、準備があるからやっぱり「バス、トイレ付」のほうが便利ですよね~ おまけに談話室奥には「洗濯機、乾燥機」まで設置されるようになって至れり尽くせりです。

これで、美容師さん、メイクさん、貸し衣装屋さんがあれば完璧なのでしょうけど、さすがにそこまでは実現できないでしょうね(笑)

あとは「会員制」にして、「会員は予約可」として頂ければ、いつも満室で諦めている「土曜日」も利用できるんですが・・・ 管理が大変なのでしょうね。

コメント